ドライバジャイナとは? 膣の乾燥悩みを改善しよう

膣の粘膜が乾燥する「ドライバジャイナ」は40代以降の女性に多くみられる症状ですが、20代〜30代でも過労やストレスにより女性ホルモンのバランスが崩れることで症状が現れることがあります。

自覚症状が無く症状が進んでしまうケースもあるため、ドライバジャイナとはどのような疾患なのか、日常からできるケアはどんなものがあるのかを知っておきましょう。

1 ドライバジャイナとは

ドライバジャイナとは

  • エストロゲンが減少
  • 全身乾燥しやすく、膣内も乾燥してしまう

    =ドライバジャイナ

ドライバジャイナとは、女性ホルモンであるエストロゲンの減少などにより、膣の粘膜が乾燥してしまう状態のことです。
エストロゲンには皮膚や粘膜を保護して潤いを保つ働きがあります。
更年期やストレス、過労などでエストエロゲンの分泌が減少すると、身体が乾燥しやすくなりドライアイや乾燥肌の原因となりますが、同じように膣も乾燥します。
また健康な膣内ではラクトバチルス菌という善玉菌が、エストロゲンが生み出したグリコーゲンからブドウ糖を分解し、乳酸をつくり出します。
この乳酸により膣内のpH値を酸性寄りに保ち、細菌性膣炎や性感染症、尿路感染症などの原因となる雑菌の増殖を防いで子宮内に悪い細菌が入ることを防いでいるといわれています。
エストロゲンが減り膣内が乾燥してドライバジャイナになると、グリコーゲンが減るためラクトバチルス菌も減ってしまいます。
その結果自浄作用が働かなくなり、炎症が起きることを「萎縮性膣炎」といいます。
他にも雑菌やウイルスに感染しやすくなったり、ドライバジャイナはさまざまなデリケートゾーントラブルの原因となります。

2 ドライバジャイナの主な症状

ドライバジャイナの主な症状

  • デリケートゾーンがヒリヒリする
  • 出血がある
  • デリケートゾーンがかゆいデリケートゾーンがかゆい
  • 性交痛がある
  • 滲みて痛い
  • 臭いがきつい
日頃からデリケートゾーンに関心がないと、症状に気づかないまま病状が進行してしまうことがあります。
ドライバジャイナになるとどのような症状が出るのか、チェックしてみましょう。
ただしこのような症状はドライバジャイナ以外の病気でも起こり得るため、既に症状がある場合には早めに婦人科を受診することをおすすめします。

3 日常的なケア

ドライバジャイナは、日頃のケアで予防することができます。
早めに対策をしておく事で、加齢に伴い誰もに訪れるエストロゲンの減少に備えましょう。

大豆製品やサプリでエクオールを摂取する

大豆に含まれる「エクオール」という成分は、エストロゲンと分子構造がよく似ており、エストロゲンと同じような働きをしてくれることで知られています。
豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品を積極的に摂取したり、サプリなどを日頃から服用しておくと効果が期待できます。

デリケートゾーン専用のソープを使う

膣内を含むデリケートゾーンは、善玉菌によってやや酸性に保たれることで自浄作用を働かせています。
市販のボディソープや石鹸などはアルカリ性のものが多く、デリケートゾーンに使用するとpHバランスを崩してしまいます。
デリケートゾーン専用のソープは、やや酸性寄りにつくられているものが多いため、専用のものを使うことで自浄作用を守ることができます。

デリケートゾーンの保湿ケアを取り入れる

デリケートゾーン専用の保湿ジェルやセラム、オイルなどを使うことで潤いを保つことができます。
20代、30代のうちからデリケートゾーンの保湿を習慣にしておくと、気づかないうちに訪れるエストロゲンの減少に備える事ができます。
ラクトバチルス菌配合のものや美容成分を配合しているものなど、目的に合わせて日常的に保湿ケアを取り入れると良いでしょう。

4 婦人科での治療

症状が重い場合や、ほかの更年期の症状が気になる場合は、エストロゲンが含まれている腟坐薬を挿入したり、女性ホルモンを補充するといった治療をする場合もあります。
症状が気になる場合は、婦人科に相談すると良いでしょう。
日頃からデリケートゾーンに関心がないと、なかなか症状に気付けなかったり、気づいていてもつい放っておいてしまいがちなデリケートゾーンの症状。
治療が必要になる前に、早めのケアで予防していきましょう。
あわせて読みたい