美と健康の鍵「女性ホルモン」

05 June 2022
目次
女性の体のコンディションは、女性ホルモンの分泌によって周期的に変わっていきます。
女性ホルモンの周期によって、肌やボディのお手入れを変えたほうがいいということを知っていましたか?
また、女性ホルモンの乱れは、月経不順・不妊症・更年期障害などの心身の不調に繋がることが少なくありません。
女性ホルモンの変化と整え方について見ていきましょう。

1 女性ホルモンとは

ホルモンとは?

ホルモンは、カラダの色々な働きを調整する重要な物質。
骨や筋肉の成長、エネルギーの代謝、血圧、食欲や食物の消化などもホルモンの影響を受けています。
ビタミンのように食物から栄養としてとるものではなく、脳やさまざまな器官でつくられています。
たとえば「インスリン」や「アドレナリン」もそのひとつ。
現在、100種類以上のホルモンが発見されています。

血液中にしめるホルモン量は、50mプールいっぱいの水に対しスプーン1杯程度の割合。
ごく少量で効果を発揮します。
また、ホルモンはバランスがとれていることが大切で、多すぎても少なすぎても健康に影響があらわれます。

女性ホルモンとは?

たくさんの種類があるホルモンの中で、女性の卵巣でつくられているのが「女性ホルモン」です。
女性ホルモンは「妊娠・出産の機能、そのためのカラダづくり」という役割をもっています。
女性ホルモンには「エストロゲン〈卵胞(らんぽう)ホルモン〉」と「プロゲステロン〈黄体(おうたい)ホルモン〉」の2種類があります。
エストロゲンは「妊娠の準備」、「女性らしいカラダづくり」、プロゲステロンは「妊娠の維持」といった役割をもっています。

約28日間の周期で訪れる月経も、女性ホルモンの作用によってコントロールされています。

2 ホルモンの変化

女性の体のリズム

女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンの絶妙なバランスで保たれています。
月経周期は、約28日間。
その間に、エストロゲンとプロゲステロンは分泌量のバランスを変えながら女性の体を整えています。

体のリズムは、卵胞期、排卵期、黄体期、月経期の4つに分けられます。
月経がはじまってから約2週間後が排卵期。
月経後から排卵期になるまでが、卵胞期です。
この時期はエストロゲンが多く分泌されるため、肌や髪のつやがよくなり、心身ともに安定します。
月経期のむくみも取れて、体が軽くなるのでダイエットに最適な期間です。

排卵前後3〜4日程度の排卵期を終えると、今度は黄体期が訪れます。
エストロゲンの分泌が落ち着き、プロゲステロンの分泌が活発になるため、水分や栄養を溜め込み、体がむくみがちになり、気持ちも不安定になりがちです。
イライラしたり、食欲が増したりするのもこの時期です。

体のリズムに合わせた美容法

月経期は、肌も体も敏感な時期です。
血流が悪くなり体が冷えてしまうので、温めて上げることが重要です。
血流が悪くなると肌にも栄養が行き渡らなくなり、乾燥しやすくなるので、保湿ケアをしっかり行ってください。

卵胞期は、キラキラ期とも言われ、肌も髪もツヤツヤで絶好調の時期です。
新しい化粧品や美容法を試すのにぴったりの時期です。
髪のカラーリング、脱毛、ピーリングといった刺激のあるケアはこの時期にするのがおすすめです。

排卵期は、排卵後プロゲステロンが増加し、むくみやすかったり便秘になりやすかったりする時期です。
塩分を控えたり、血液循環を促進したり、老廃物を体外へ排出するデトックスに取り組みましょう。

黄体期は、通常、弱酸性にある肌表面が中性からアルカリ性へと傾き、さまざまな肌トラブルが現れます。
さらに、ホルモンの影響でシミができやすかったり、血行不良でくすみやむくみも...。
つい焦って「この肌荒れをなんとかしなくちゃ!」と、新しい化粧品を投入したくなりますが、肌が敏感になりがちなので、実は新しい化粧品や刺激的な美容には適していない時期!
「今は不安定な時期だから」と心に余裕をもち、できるだけ肌に負担をかけないように過ごしてみましょう。

3 女性ホルモンの整え方

脳の司令によって分泌される女性ホルモン。
脳はストレスにとても敏感なので、ストレスがかかると女性ホルモンに影響が出てしまいます。
ストレスや悩みがあれば、自分なりの解消法をみつけたりゆっくり休んだり、友人や家族に聞いてもらうなどして、取り除くようにしましょう。

適度な運動は代謝もアップし、ストレス解消にもなるのでおすすめです。
無理に頑張らなくても、歩くだけ、ストレッチするだけといったとても軽いものでいいので、楽しんでおこなうことが重要です。

女性ホルモンを司る卵巣、子宮、膣はひとつなぎの臓器で、密接に関わり合っています。
膣は外からも触れて確認できる臓器ですので、潤いやおりものなど、体の状態を確認するためにもケアが重要です。
血行をよくするためにデリケートゾーンマッサージをすることも大切です。